エコで楽しむもの作り

エコで楽しむもの作り

¥1,760

【もったいない】を形に、【めんどくさい】を楽しいプロセスに、変化できれば何とステキなことでしょう。
~ 身近にあるものでカンタンもの作り ~

通常は素材費用が高いボトルフラワーですが、本書では身近にあるものや使わなくなったものを再利用することで、エコにつながるリーズナブルなボトルフラワーの作り方を写真図解付きで分かりやすく紹介しています。

ほかにもエコで楽しむうちわ、ススキで作るほうき、角箱の作り方も詳しく紹介。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「lagunapublishing.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「lagunapublishing.co.jp」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

A4判(210×297ミリ)
72頁
定価 (本体1600円+税)
ISBN 978-4-904380-36-9 C0076
2015年4月2日発行

送料、お支払手数料
無 料!

著 者

松窪 美智子

1958年鹿児島市生まれ。同市在住。

「もの作りの楽しさを伝えたい」コンセプトにカルチャー教室やワークショップで活動中。
1987年にドライフラワーの研究を始め、1995年にアート作品やボトルフラワーの制作販売を始める。ボトルフラワーの講師を東京・福岡・鹿児島で務め現在に至る。

2009年喜入花工房を開設。2011年鹿児島花博覧会で花講座を担当。

はじめに(本文より)

地球上の資源は無限ではないことを感じることが多くなってきました。使用済みの空きビン、プラスチック容器や古紙など、私たちの周りにはアイデア次第で、もの作りの立派な材料になるものが沢山あります。この本では、これらの素材を生かした作品作りを子どもから大人まで楽しめるように紹介しています。

この本を参考に、世界にひとつだけの作品づくりにチャレンジしてみませんか!

作品が完成したときの喜びと感動は、それはもう格別です。また、手作りした物には人一倍愛着もわき、不思議な癒しの効果もあるように思います。ぜひお友達にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれますよ。

目 次

はじめに

作品集

エコボトルフラワー
材料の紹介 (ビン・花用スポンジ・シリカゲル)
シリカゲルを使いドライフラワーを作ってみましょう
花の変化を楽しもう-乾燥後の花の変化-
シリカゲルを再生しよう
ドライフラワー こんなときは?
■初級編
5分でできる簡単アレンジ
10分でできる簡単アレンジ
■中級編
ステップ1 ボトルキャップで花台を作る
ステップ2 本番用台を飾りましょう
ステップ3 固定台を作りましょう
<ひと手間加えてみよう>
リボンを作りましょう
ステップ4 花をアレンジする
ステップ5 花束をビンに入れましょう
■上級編
グラスを使ったボトルフラワー
■アレンジ
その1 いろんな花台を作ってみましょう
その2 固定台をアレンジしましょう
その3 プレートを作りましょう
その4 ビンのふたをアレンジ
小花の紹介
葉・グリーンの紹介
ドライフラワーの紹介
生徒さんの作品紹介
Q&A

ススキのほうき
ススキの選び方
ほうきの下準備
■初級編
ススキ10本で作るほうき
■中級編
ステップ1 ススキ30本で作るほうき
ステップ2 仕上げに布を巻きましょう
■アレンジ
オリジナルほうきを作りましょう
Q&A

角箱&エコうちわ
■初級編
長方形の古紙で作るエコな角箱
■中級編
正方形の紙で作るエコな角箱

■初級編
うちわを再利用しましょう
<ひと手間加えてみよう>
いろんなうちわを作ってみましょう

仲間を作りましょう

仲間と地域で展示会を開いてみましょう

喜入花工房 通信販売のご案内

通信販売ご利用ガイド

喜入花工房の案内